2015年1月29日(木)

大好きなピアニスト、アルゲリッチ。その娘が撮ったドキュメンタリー映画『アルゲリッチ私こそ、音楽!』波瀾万丈な人生をおくる音楽家。情熱的ですぐに恋に落ちる女(ひと)なのだろう。結婚3回?そして離婚3回?少なくとも3人の父親、指揮者のシャルル・デュトワやベートーベン弾きで知られるピアニストのコヴァセヴィッチ達かつての結婚相手たちとの間に、何人もの娘たちがいる。その娘のひとりステファニーが撮ったドキュメンタリー。

マルタ・アルゲリッチ。素敵な女だ。ショパンを弾く姿、音色、そして情熱的な音楽の力…いつもアルゲリッチには泣かされる。そして今回も、涙が止まらなかった。

僕の亡き父は、クラシックのピアニスト松谷翠。主に近代・現代ものを得意とするクラシックの演奏家だった。冬太は幼少の頃から、親父さまの都合で、連れ回されていたクチ。小学校へあがる前には、当時の西ドイツ、ベルリンに約一年暮らした。ですから幼い少年冬太くん、保育園?幼稚園?キンダーガルテンはベルリンで通った。今のところ、クリスチャンではありませんが教会へも通った。そして、クリスマスの頃には、あの美しいベルリンの木々のパーク…公園でソリで滑って遊んだ。その頃の、はっきりと自分でわかる心のトラウマがいくつかある。そして、僕にとって音楽とは、そのトラウマの世界、追憶の世界への心の旅だ。クラシックの音、とくにピアノの音を聴く時には、必ずと言っていいほど、そのピアニストの音楽と、亡き父・松谷翠の記憶と音楽とを重ねて聴く。そして、何故あのひとりの男は、愛していたであろう亡き母や、僕ら家族の事を引っ掻き回しながら、ピアノを弾きまくり、まるでハリケーンの様に駆け巡り、50歳の若さで僕の前から姿を消さなければならなかったのか。その事を考える。今朝はその親父のレパートリーだった、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を聴きながら・・・

[297]  (2015/01/29 Thu 14:23)

2015年1月25日(日)Part 2

こんな映画、いま現在、いったい誰が撮れるでしょう??・・いやいやいや、ラース監督以外ありえません。
巨匠キューブリックが他界した時、その頃…トーキョーに疲れて、沖縄本島で暮らしていたマツヤは、イチ映画ファンとして、もうこのクォリティーの映像世界とは離縁しなければならないな、という想いとともに『映画をあきらめよう』と決断したほどでした。

そして今…『ニンフォマニアック』…冒頭から、『アイズ・ワイド・シャット』の代名詞、ShostakovichのWaltz No.2 jazz suite が流され、キューブリックへの挑戦的メタファーだ!そして、エンドロールの( ジョーを演じた )ゲンズブールが歌うHey Joeまで・・こてんぱんに、完璧に、うちのめされたマツヤ・・・

シャルロット・ゲンズブール、ウィレアム・デフォー、クリスチャン・スレイター、そしてあの!ビリー・エリオット!『リトルダンサー』のジェイミー・ベルが!ユマ・サーマンが!!エンドロールの字幕をみるまで、気がつかなかった役者がいたほどの、衝撃的なキャスティング!

Ah . . . 『ニンフォマニアック』…そしてマツヤは気がつくと、もう一度映画館へ足を運び観ているのだろうか…

そしてそして、巨匠キューブリックが構想数十年かけて撮りたかった、究極的ポルノ『アイズ・ワイド・シャット』をいまいちど…

もう一度観てみるか…

[295]  (2015/01/26 Mon 00:32)

2015年1月25日(日)Part1

許せ!幕がおりた後、映画館のトイレで『うぎゃー』と叫んだことを!しょせんオイラは軟弱なアート系…体育会で揉まれてきた奴らの様に元気には生きられないよぉ。ワールドカップで盛り上がり、渋谷のスクランブル交差点で大騒ぎもできない…プロ野球の日本シリーズ、優勝が決まって仲間とドンチャン騒ぎもできない…オリンピックだって、そんなには嬉しくない…だからThis Is It『これだ!』という『衝撃の映画や音楽やアート』に出会った時、、その時が独りきりの祭りだ!叫ぶくらいのことを許してくれ!Rock'n Roll & Funky Music !! Yes, indeed !! だって、それが俺達の最後の砦だ !!!

観ていただきたくて、書くのではありません。Oh My God!
あのDancer In The Darkの監督、鬼才ラース・フォン・トリアー…『ニンフォマニアック!』…前半後半合わせて4時間半の大作。こんなに、長い映画を、しかも6回も観に来る事になるなんて…マツヤにとりましては、キューブリック、ミロス・フォアマン以来の出来事なのでした。吐きそうなくらいに凄い…たまには…ちょっとエロティックな映画でも観てみるか…なんてあまっちょろい考えで映画館に入っちゃったりしたならば、くっちゃんぱっちゃん、こてんぱんに、やられます。マツヤうちのめされました…完璧に。Part2へつづく・・・

[294]  (2015/01/25 Sun 07:04)

2014年8月31日(日)

472x354 34kb

9月3日から24日までニューヨークに滞在することになりました。当初予定していた南部への旅は延期。旅の中心人物の体調があまりよくなく、延期になりました。が、昨日NYと電話した時には「ここ数日体調いい感じ」と話していました!

 Soul Brother&Sister との心の旅です。

アメ食の食べ過ぎには注意しながら・・・苦笑。

彼らと録音した、松谷冬太の新しいアルバム・リリースへむけて。
Film や写真を、一緒に撮影したり、またまた楽しくなりそうです。
ニューヨークの街での僕らのDuet映像や写真・・・乞うご期待!

[292]  (2014/08/31 Sun 18:26)

前4件  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25  (49-52/100)  次4件